猫の病気の症状(下痢 嘔吐 目 耳)と感染症

猫の病気の種類と症状について

猫の病気については、その名前だけではどのような症状の病気なのかよくわからないものが多くありますね。


例えば猫カリシウィルス感染症ですが、クシャミ、鼻水、咳、発熱といった症状が現れ、猫のインフルエンザとも言える猫の病気です。


このほか、猫の病気の主なものとしては、猫ウィルス性鼻気管炎、猫汎白血球減少症、猫伝染性腹膜炎、猫免疫不全ウィルス感染症、猫白血病ウィルス感染症、トキソプラズマ症、クラミジア感染症など、自分の飼っている猫が病気にでもならない限り、聞いたことがないような病名が数多くあります。


また、人間と同じような外耳炎、口内炎、歯周病、生活習慣病である糖尿病にかかる猫も増えていますので、注意が必要です。


猫や自分から身体の具合が悪いことを口で説明することができません。飼い主が病気のサインを見つけてあげる必要があるわけです。下痢や嘔吐、クシャミや鼻水など、比較的判断がしやすい病気ばかりとは限りません。


なんだか元気がなさそうだと思っている間に猫の病気がどんどん進行し、手遅れになってしまうこともあります。このような猫の病気のサインを見逃さないためにも、普段から飼い猫の様子を愛情もって見守ってあげることが大切ですね。

猫の病気の予防とワクチン摂取について

猫の病気はかかってからでは重篤になったり、手遅れになることもあります。猫が病気になる前に、普段から病気に対する予防策が非常に大切です。


猫の病気の中にはワクチンで予防できるものがたくさんありますので、年に1回はワクチンの接種をしてあげるのも飼い猫に対する愛情ではないでしょうか。ワクチンで予防できる猫の病気としては、猫ウィルス性鼻気管炎、猫カリシウィルス感染症、猫伝染性腸炎、クラミジア感染症などがあります。


しかし、ワクチンでは予防できない猫の病気もあります。猫のエイズである猫免疫不全ウィルス感染症や猫伝染性腹膜炎がそうです。ワクチン以外にも蚤対策など、普段から猫の病気に対する予防を意識することが大切です。


また、普段の生活の中でも猫の病気を予防する手段はたくさんあります。例えば蚤対策ですね。蚤は皮膚炎の原因になるだけではなく、条虫などの卵を持っていることが多いため、蚤防止薬や蚤防止首輪などで予防することを検討してもいいでしょう。

猫の病気の予防と動物病院の選択について

猫の病気の予防と合わせて大切なのが動物病院の選択です。飼い猫が病気にかかってからあわてて動物病院を探すようでは、大切な飼い猫の命を守ってあげることができなくなるおそれがあります。


猫が病気になる前に、普段から近所の噂や評判に耳を傾け、安心して飼い猫の治療を任せることができる動物病院を見つけておく必要があります。


猫の病気の症状(下痢や嘔吐、クシャミや鼻水、目、耳など)に対して、適切な指導やアドバイスを行ってくれない、あるいは飼い猫の健康管理について相談にのってくれないような獣医師がいる病院では十分な治療が期待できません。


飼い猫が病気にかかる前に健康診断などで動物病院の対応を見てから判断するのもいいでしょう。できれば近くの動物病院が望ましいのですが、評判が良くなかったり、このような場合は、少し遠くても信頼できる動物病院を選択する方がいいでしょう。